2010年12月03日

すばらしきハンターライフ3rd 1

季節は秋。
紅葉舞う道なき道を歩く一人の女性。
そこへ1台の荷馬車が通りかかり、女性に声をかける。
女性は行き先を告げ、荷台に乗せてもらう。

暫く走る続ける荷馬車。
突然降りはじめた雨に、女性は眉を寄せてかぶっていた笠をかぶりなおす。

と、突然、空気中に放たれた放電に荷馬車を引いていた鳥―――ガーグァがよろめき、女性は荷台から放り出された。
何とか受身を取ったものの、何かにぶつかり頭を上げる。

そこにいたのは、全身に電気を帯びた巨大な獣だった。
その獣が、激しく尻尾を振り回す。
それに弾き飛ばされ、女性は再び荷台の中に転がり込んだ。

走り出す荷馬車。
離れ行く巨大な獣を見送りながら女性はこれからのことを考えた。
いずれはあの獣とも戦うことになるのだろう。

何故なら、女性はハンターだから。
ハンターズギルドからの要請で目的地―――ユクモ村に赴任することになった。
何が起こるか分からない、だがそこに恐怖はなかった。
ただあるのは期待と不安。

そして、彼女の物語は始まる。

////////////////////
  続きを読む


posted by 日向 夏樹 at 20:31| Comment(0) | 家庭機ゲームログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。