2010年08月19日

インセプション

今日は仕事が休みになったので映画を観てきました。
「インセプション」、「ヒックとドラゴン」、「魔法使いの弟子」の3本。
まあ今回はインセプションの感想を。
   
まず、夢の共有ということがすごかった。
そして夢の世界を作り出す設計士の存在とか。
設計士は思うがままに世界を作り出していくんだけど町が折れ曲がったり橋を作り出したりアリアドネやりすぎだろ、と。
そして時間経過の概念とかもなかなか面白かった。
夢の深層に行くほど時間の経過がゆっくりになって、コブは夢の深層世界で50年生きてたとかなんかすごいなーと。
しかし夢の中で夢を見てさらに夢を見て行くという流れは本当にすごい。
だから夢と現実の境目が分からなくなってモルは死んだんじゃないかなーと(まあコブに植えつけられたってのもあるんだろうけど)

でもあのオチは怖かったです。
夢か現実か、それが判らない。
オレとしては現実であって欲しいなーと言うところですけどねー


posted by 日向 夏樹 at 20:50| Comment(0) | 映画鑑賞ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。