2006年06月24日

蒼穹のファフナー 8〜9

とうとう来ました蒼穹のファフナー最終回。
このあとに0巻が控えているのですが彼氏に任せて行っちゃいましょう。
   
まず、度重なる戦闘で同化による染色体単位の同化が原因で桜が倒れてその後、フェストゥムにジークフリードシステムを狙われる。
敵は倒したものの尻尾(?)が残っていたのでそれを取り除こうとしたんだけど・・・持っていかれてしまう。

主人公も結構持ったけど同化がひどくなり、投薬で誤魔化しながらファフナーに搭乗。

道夫さんは予測どおり戦死しました。
コクピットブロックは脱出できたのに相手のファフナーが素早くキャッチしてフェンリス発動、それでご臨終。

あと1人、父親が漫画家のまもるくんは脱出が間に合わなくてフェストゥム消滅の光にコクピットブロックを潰されて死亡。

・・・予測どおりの展開です。
で、最終的に主人公の母親に同化したフェストゥムが北極のミールが宇宙のミールに色々伝達するからということで北極に行くことに。
北極で多少被害はあったものの総司を救出することに成功、竜宮島の用意した機体に乗って帰途に付こうとしたら「憎しみ」を理解した別の島のコアが襲来、もみ合いに。
でもそこで主人公が叫ぶ。「オレはお前だ、お前はオレだ」と。
そして結晶化して主人公のみに。
そこで主人公、限界が来てかなりヤヴァイ状態だったのですがなんとか操縦できるということで墜ちていた飛行ユニットを使って飛ぶことになり。
そのあとでまさかの展開。

総司がフェストゥム化


ってゆーか、同化されすぎて一度フェストゥムの側に行くということ。
そしていつか戻ってくるということ。
ちょっとそこらで涙。
総司・・・最後の最後で任務失敗にしてくれるなんてどういうことだよ〜〜〜

・・・というわけです。

まぁ、全体的な評価として結構Evaっぽいところはあった上に日常があったりしましたが悪くはなかったかと。
最後の方、すごい泣けたんですけど。
ああ、オレもメカ物書きたいなぁ・・・


posted by 日向 夏樹 at 10:17| Comment(0) | 映画鑑賞ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。