2006年09月19日

鋼の錬金術師 13

とうとうハガレンも最終巻。
つーかなんですか。
前半のグダグダ感を埋めるかのようなラストのハイペースは。
つーか詰めすぎだって、終盤。
   
しかもエド死んでるし(  Д ) ゚ ゚


で、そのエドを復活させてアル消滅、そのアルを錬成してエドが門の向こう側の世界に行ってしまうのですか。
しかもダンテさん、グラトニーを暴走させて食われてちゃどうしようもないですな。

んでもって大総統のお宅では准将が大総統暗殺に励んでる、と。
大総統、ガキに金庫を預けたのが悪かったな。
弱点である「練成対象の骨」(頭蓋骨)を持ってこられて動けなくなり、限度が来るまで殺されるなんて。
でもずたぼろにやられたんで復帰できるどころか大総統暗殺を図ったからということでシャンバラではあんなことに・・・

・・・ううむ・・・いいのだろうか・・・


posted by 日向 夏樹 at 22:39| Comment(0) | 映画鑑賞ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。