2006年11月09日

Duel of Legend(再プレイ) 1

去年の9月に何度かエントリを上げた「Duel od Legend」(通称DoL)の攻略再来。

ていうかね、去年の年末のHDDあぼんぬで全データが吹っ飛んで、それ以来プレイしていなかったんですよね。
でもあれからかなりのカード増量もあり、技研もスペルカード素材提供しているということもあって再度プレイすることにあいなりました。

で、プレイしてみての感想。
   
何気にモンスが強化されている


いや、スペルカードもなんですけど。
魔獣使い(今「まんじゅう使い」て入力しかけた・・・DQ8の「まじゅうの皮」事件以来だな)の能力が、「全ての場の魔獣の数*100の強化」なんですけど、手持ちモンスに魔獣系が多いのと、対戦相手によっては魔獣ばかりのデッキだったりするのでとにかく重宝。
序盤では攻撃力1250を出されるとかなりお手上げなんですけど、そのモンスの種族が魔獣だったりするんで魔獣使い+α魔獣族召喚で攻撃力を底上げして伸す、というパターンが使えたりします(ちなみに手持ちの最強は攻撃力1500だったりする)←初版ではこいつ、初期デッキじゃなくて初回のトーナメントの景品だった記憶が・・・
スペルカードも、初版では攻守共に100UPのカードが300UPと強化されていたりします。
Eランクの対戦相手も強化、もしくは弱体化カード使っては来るのですが大したカードは使って来ないのであまり脅威ではないというか。
・・・でもね、攻撃キャンセルのカードをチェーンされたときはちょっとびびったかも。
そんなカードも増えてたんだ、なんて。

なので結構戦略は変わってきているようです。
先攻後攻もランダムになってるし、いろいろと「をを〜」な展開が。
通信対戦もできるので一度は経験してみたいのですが、まだまだデッキが貧弱(殆ど初期デッキ)なのでもう暫く頑張ってみるか、なんて。

プレイしてみたい、という方は下からどうぞ。
(技研は個人的なDoL協賛サイトですと言ってみたいだけ)
  Studio DIN(http://sdin.jp/)


posted by 日向 夏樹 at 20:19| Comment(0) | 家庭機ゲームログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。