2007年04月19日

生活感のない翔の日常生活

へるまの翔って、設定では高校生だけど一人暮らしをしている(というか両親不在)ので家事一般は卒なくこなします。
・・・でも翔が料理したり洗濯したりするってのがいまいち信じられない原案・・・orz

という翔がらみのネタが一つ。

番外編のネタのクセに思いっきり本編のネタバレにつながる(?)ので読みたくない人は無視の路線でよろしこです。
代わりに今日描いたVPの鎖神のイラストでもどーぞ。
74.png

   
不在だった翔の母親が家に戻ってくるという話なんですけど、彼女は実は家事全般ができないというdでもない主婦失格人間。
夕飯の支度すらできない彼女にキレた翔が「肉じゃがすら作れない人間なんて母親とは思わない」と言い放ったのでムキになった母親が翌日の夕飯に肉じゃがを作ってテーブルに。
それを見た翔が露骨にいやそーな顔をして母親を見る。

「味付けに何を入れた?」
「砂糖としょうゆとカレー粉
「カレー粉入れたらその時点で
肉じゃがじゃなくてカレーだろ!!」


ちなみに具材はにんじん、じゃがいも、牛肉、玉ねぎ、白滝

・・・まぁ、そんな人なんですよ、翔の母親って。
洗濯したら服ボロボロ、洗剤の泡が溢れまくり、挙句洗濯機故障というネタをその昔知人がやってくれたなぁ・・・
・・・家事以外では有能(だと思う)なんだけどなぁ・・・


posted by 日向 夏樹 at 21:56| Comment(0) | 小説ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。