2005年11月17日

鏡面・・・

昨日某チャットで「雪風の零とVPの鎖神がお茶してる」というネタが投下され、文章化してみたわけなんですが。

・・・むぅ、なんかこれはこれですっきり完結してる気がする。

細かいことは追々歓喜の歌にて追記するとして。

・・・さーくんて、無愛想なイメージあったんだ・・・

軽く感動。
ほら、「他人から見た自分」を知る機会って滅多にないじゃないですか。
なんかそんな感じなんですよ。
オレの中でさーくん(とりあえず蠍のさーくん≠VPさーくん)てもうちっと気軽な人物だと言うイメージがあったんですよね。
まぁ、それは序盤だけで話が進んでいくにつれ冷徹で無愛想なイメージがもこもこもこもこと追加されてしまったんですが。
ああ、何ということでしょう(苦笑)
ちなみに蠍のさーくんは・・・ある意味オレより鬱入ってる気が。
オレのダークサイドって言うのも事実なんだけどちと暗すぎないか?みたいな。

・・・どっちかって言うと蠍のさーくんはVPさーくんというより(旧)へるまの少佐のような気がしてきた。
(新)へるまの方は階級の概念をなくしたから何と呼べばいいか分からんし。

ま、そんなわけです。


posted by 日向 夏樹 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説ボヤ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。